みなさま、こんばんは!Mariです

なんとですね。

久しぶりに…あの…料理男子が…現れました!!!




まずは

料理男子誕生の瞬間から…ご覧いただきたいと思います。



「驚きを隠せない!料理男子あらわる」2012年版

「いやなんでやねーん!オシャレやないかーい!」

「THE・料理男子!鶏のモモ…?」

「いやなんで女子大やねーん!可愛らしいやないかーい!」

「料理男子!エビへの挑戦状。」

「手のぬくもりでエビが…あったかいんだから〜♪」

 「料理男子、再び!さらに驚きの内容」



いやもう…

頭が上がりません…





先日、打ち合わせで遅くなってしまう日がありました

少々疲れて帰宅すると…

「おかえり〜」元気にお出迎えしてくれた旦那氏。

テーブルへ案内されて、出てきたものは…


バババババッバーン!

IMG_2093

美し〜い…イサキのお刺身…が出てきたんです。

え…

え…

…(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

まさか…

買ってきたんよね?そうやんね?


すると旦那氏、過去最大のドヤ顔。

「ちゃうねんな〜丸々1尾 買うてきて 自分でさばいてん( ̄ー ̄)ニヤリッ」

ウソやん!すごい…!! 

IMG_2094

私の大好きなミョウガまで…

添えられているではありませんか…! 

IMG_2095

皮も無駄にはしません

湯引きをして松皮造り風に…アッパレですよもう。


どうやってさばいたん!?なんでそんなんできるん!?

「だいぶYouTubeでさばき方 見たわ〜」




…( ̄ー ̄)



…真面目か!笑

IMG_2098

それでね、こんなのも出てきたのです。


てんぷら…!

穴子に野菜の天ぷらまで…ここは料亭ですか!

IMG_2101

さらに…!

熱々の穴子の天ぷらに小葱がたっぷり、そこにレモンを醤油 


いやいやいやいやいや…もう何も言い残すことはありません、死んでもいいや (´▽`)

ちょっと前にね、この話をしていたんです

私「昔さ〜どっかのお店で食べた穴子の天ぷらにネギたっぷり乗ったやつ…
あれおいしかったよなぁ…また食べたいなぁ…」

そうポツっとつぶやいたことは

確かにあったけども…!?

まさか旦那氏自ら食卓に用意してくれるとは!!!



何なん?何なん?

Let's 嫁をクビにしてやろう計画!

でもしてるのでしょうか( ̄∇ ̄)

IMG_2287

また別の日には鯛のお刺身…。


甘くて美味しい、それはそれは 最高のお刺身でした。


旦那氏は口下手で、普段からあまり気持ちを口にすることはありません

ただ、突然…とんでもないサプライズをしてくれることがあります

ほんまに突然。

例えば、魚をさばいてふるまってくれるとか。笑


何も言わないけど、きっと。

スーパーに行ってお魚を一生懸命 選んでくれたんやろうな…とか

魚をさばくためYouTubeにかじりついて見てたんやろうな…とか

私が遅い日を狙ってサプライズ計画してくれてたんやろうな…とか


色々色々思うと…ますますその気持ちが嬉しくて

感謝感激です。


私は自他共に認めるぐうたら嫁で(今日とか家の中めっちゃ散らかってる)

シャンプーが少なくなっているのをやんわり知りながら

なんとなく気づかへんフリしてみたり(サイテー)

トイレットペーパーがなくなりそうなのを知りながら

なんとなく気づかへんフリしてみたり(サイテー)

でもそういうのを見つけたときに

「もうないやんか〜」と文句をつけずに、旦那氏はそっと入れてくれています…。



結婚した当初、本当はぐうたらのくせに「できる嫁」を演出したく

色々とがんばっていた

がんばるのは自分の勝手なのに

毎日の家事を評価してもらえないことに もどかしさを感じていた

がんばるのは自分の勝手なのに、なぜか心のどこかで

「なんで私ばっかりがんばらなあかんの」

ひとり不満に思っていた。


そもそも根本的に間違っていた。

がんばることがすでに間違っていた。

がんばるのはやめた!


自分のぐうたらは治らないし

苦手なものは苦手、それでいいじゃないか。


ただ、家族に喜んでもらいたい、そのことだけをベースに考えてみた

少々散らかっていても死なないけど

家族が過ごしやすいようにちょっとだけ片付けよう

ごはん作るのめんどさい…けど

家族が美味しい!って言ってくれるんやったら…お尻をたたいてつくろう


でも、無理はしない

「ありがとう」そう言ってもらえたら

主婦である私は単純で

その言葉ひとつ、たった一言で、また1週間がんばれる

そのことを旦那氏に正直に伝えた


「ありがとう、おいしかった」「ありがとう、家キレイになってるな」
 
そう言ってもらえたらすごく嬉しくて嬉しくて

よし、明日も自分なりに何かとやってみよう、素直にそう思えるようになった


でもぐうたらすることも忘れない、それが自分らしさでもあるからだ。

嫁が不出来で、がんばらなければ

夫はこの6年間で、バリバリなんでもできるようになった。 笑

ついにお魚まで…( ̄ー ̄)


ちょっとのこと、シャンプーを入れ替えてくれたらすごく嬉しい。

そのちょっとのことが私には億劫に思えることなのです


旦那氏がボソッと言ってくれていた魔法の言葉

「ありがとう」が昔、とても嬉しかったので

私も嬉しいことは嬉しい!ありがとう!ときちんと顔を見て伝えるようにしよう 


人はみな、得意なこと苦手なことを持ち合わせている

全部ひっくるめて上手に補い合う、それが夫婦というもの

押し付けるでもなく、駆け引きするでもなく。

「ありがとう」という思いやりにすべてを委ねて

自分がしてほしいことを、相手に、家族にしていけたらいいなぁ、と…

日々 心がけながら暮らしていきたい。 

なんにしても…

このぐうたら嫁は旦那氏の爪の垢をたんまり飲まなければ (´▽`)



ありがとう、だいちゃん。

あっ旦那氏はよく「勘違い」をします

この前も、夜 車に乗っていたら…

「あ!!タヌキや!!」

と叫ぶので

「え!どこどこ!?」 

私と息子は前のめりで「タヌキ」を探した。


…( ̄ー ̄)

「猫やん」



また別の日。

「まりちゃん!豚 散歩してる人おるで…!ミニブタかな!?」

「え、うそやん!?どこ!?」



…( ̄ー ̄)



「フレンチブルドッグですから。」


そんなお茶目な旦那氏、今日も元気です。笑

あ!ブログを最近書いていて、やはり一方通行な気がするので
今日からコメント欄を開けておきたいな〜と思っています!
お気軽にコメントいただけますと嬉しいです(*^^*)
ぼちぼちとブログを続けていきますので、これからもよろしくお願い致します。 

今日もブログへ遊びに来てくださり、ありがとうございました(*^^*)

Have a nice Day!Mari.

↓昨日もたくさんの応援クリックありがとうございました!嬉しいです
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村がんばれ!応援クリック